主婦友達の愛理ちゃんは、ひとつ年下の39歳です。
以前から、彼女のところも夫婦仲は最悪だと話していたのですが、ついに別居を決めたようでした。
しかもその資金を、パトロンから出してもらうと言うのです。
彼女が言うところのパトロンの意味を、詳しく語ってくれました。
「ネットにはね、困っている女を助けたいって思っているような、リッチマンがいるんだよね。お金あげますって気持ちで、出会いを探していたりして。そういう人は相手が本気で困っていたら助けてくれるから、見た目とかも気にしなくていいの」
確かに私もブサイクだし、愛理ちゃんもブスという範囲に入る顔です。
「そのパトロンと、どういう関係を作るわけ?やっぱり肉体関係?」
「そういうエロい関係は全然ないの。凄くピュアなんだ。お食事にお付き合いすることで、かなりの金額を提供してくれる」
「食事だけ?」
さすがに、これには驚かされました。
彼女は、月に3回から4回程度食事に付き合いをするだけで、何十万円もお金を出してもらっていると言うのです。
セックスしないのにお金をくれるなんて、凄いなぁという感じでした。
「パトロンとは、困っている女を助けてくれる、神様のような存在なんだ」
心が千切れるような思いでした。
パトロンと知り合えたら、夫と別れて別々の生活を歩める。
憂鬱な日々から解放されるのです。
食事だけなのに、お金くれ、生活を補助して貰える男女関係に羨望の眼でした。
愛理ちゃんはどんな方法で相手を探したのか?
どんな方法を使ったのか?
それがわかれば私も同じような行動で、相手を見つけられるかもしれないのです。
期待する気持ちが、心の奥底から湧き上がってきました。
見た目関係ないと言うのだから、器量良しじゃないアラフォーの私にもチャンスがあるはずです。

定番サイト女性は完全無料

支援してくれる人を探すなら迷わずコレ!